このエントリーをはてなブックマークに追加

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%95
大学生の今、一番の悩みはやっぱり就職!!!
「やらなければならないことって何だろう?」
「資格を取った方がよいのだろうか?」
「そもそも私は就職できるのだろうか?」
などと悩んでいる方は少なくないはず!
そんな大学生必見!就職に役立つ人気のダブルスクールの情報をご覧ください。

1.TOEIC

最近会社の昇進条件として課しているところも多いTOEIC。
TOEICを一定の点数取らなければならない時代になってきています。

そのスコアは最低でも600点以上!

バリバリ英会話を使って営業をするために必要と思われている方も多いと思いますが、
例えば外資系企業の総務などであれば、本社の人が日本に来る際の案内や、海外に出向く営業の方のホテルの予約など、
基本的な英語が出来れば可能な仕事がたくさんあります。

TOEIC700点以上になると電話応対、翻訳、資料の読解などさらにレベルアップした仕事を任されます。
TOEIC800点以上になると転職市場での価値が大幅にアップするため、年収もアップします。

英語力を測るという意味でも、メリットの大きい資格です!!!

2.TOEFL

TOEFLは海外で本格的に生活したり、留学したりするときに役に立つ資格です。
リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの力が同時に試される複合問題が多数出題されます。

このテストはパソコン上で操作を行うので慣れが必要です。特にライティングテストに向けてはタイピングの練習が必要です。
また、スピーキングは面接官とのテストのように質問を聞き返すことができないため、リスニング力が欠かせません。

資格を持つことによるメリットは様々です。
入試に英語の外部試験を取り入れている日本の大学・大学院ではTOEFLのスコアが利用できることが多いとか!
また、留学プログラムに参加するためのTOEFLのスコアの基準を設けている大学・大学院も多くあります。

3.知的財産管理技能士

日本は2000年代に入ってから「知的財産立国」「クールジャパン」と銘打って、
コンテンツや技術など、知的財産の関わる産業に力を入れています。

そんな今、注目の資格は「知的財産管理技能士」。取得すれば、知的財産を管理する能力を認められる国家資格です。

こうした知的財産を保護する法律には、「著作権法」「商標法」「特許法」などがあり、それらを総称したのが「知的財産法」となります。

今はどんな企業、行政も情報発信をする時代ですよね。
一方で、正しく情報を発信しないと企業の信用問題に関わるため、
知的財産について知識を持つ人材は多くの企業で求められているようです!

4.インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは人気の高い職業ですが、資格があれば就職・転職において確実に有利に働きます。

ハウスメーカーやリフォーム関連など住宅業界が代表的な就職先ですが、
それ以外の業界からのオファーも数多く、活躍の場は多岐に渡ります。

プライベートの場でもインテリアコーディネーター資格のスキルを役立てることができます。
インテリアの知識とスキルを用いてプライベートのお部屋もプロ並みに演出し、
自分の理想的な住環境をカスタマイズしてみても良いかもしれませんね!!!

多くのメリットを持つインテリアコーディネーター資格取得にぜひチャレンジしてみては?

4.秘書検定

まず、秘書検定に合格するということは、世間一般で、社会人、企業人に必要とされている基礎的なマナーをはじめ、
ビジネスで用いられるさまざまな技能の習得も保障してくれるものとなります。

具体的には、秘書業務に関する問題だけでなく、社会人としての一般常識、
電話対応などのマナー・接遇・会議の準備や文書作成などの技能も問われる資格です。

これらは全て、企業内では特に事務職系のスタッフに求められる資質と能力でもあります。

秘書やその他のオフィスワークを目指している方は、ぜひ就職活動のための第1ステップとしても、自身のスキルアップとしても秘書検定の取得を目指してみましょう!

5.心理カウンセラー

最近人気の資格が心理カウンセラーです。

近年、社会の変化に伴い、仕事や日常生活でのあらゆる場面で大きなストレスを感じる人が増えてきています。
環境境や衛生面が整った現代社会では、身体的な病気で命を落すよりも、精神的な病気で命を落とす割合が高くなっています!

それを水際で食い止めるのが心理カウンセラーの役目で、その仕事は重要性が高く、これからますます活躍の場が広がって行きます。

心理学の資格を取得するメリットとしての他の面としては、現在特に国家資格ではない心理学の資格ですが、
心理カウンセラーの仕事というのはやはり無資格で仕事が行える分野の仕事ではありません。

そう言った観点からすると、資格があるならば心理学を修了したという証拠になります。
また、資格を取得しておくならば、いつでも機会があれば仕事を行える状況にある訳ですから、
一早く心理カウンセラーとして活躍したいと思っている方にとっては、資格取得をしておく必要があるでしょう。

まとめ

スクールの良さは初心者からでも講師が大事なところを絞って教えてくれるので、
ゴールまで最短ルートで行けることです。

そして大学生活は4年といえど、長いようで短いものですよね。
何をどのように過ごすかによって将来はものすごく変わってきます。

「時は金なり!」
お金は少しかかってしまいますが、効率よく学べるスクールに通ってみるのはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間