このエントリーをはてなブックマークに追加

企業とのコラボ企画を多く持つ「学校では学べないこと」を学び、実践の中で経験することができる学生団体 MirAct。みんなのお母さん的な存在とメンバーに言われるほど信頼の 厚い女子大学生だけで構成される MirAct 代表のまぁめろこと佐藤優江さんにインタビューさせて頂きました。

未来+行動=MirAct

金井「まず MirAct の由来から教えて頂いても宜しいでしょうか?」
佐藤「団体名は、私たちの『未来(Mirai)に向かって学生のうちから行動(Act)を起こす』という理念から、未来と行動(Act)をかけ合わせてできました。」
金井「そうだったんですね!学生のうちから行動を起こすっていうのは重要性はすごくわかります。MirAct さんは女子大生だけで構成されているんですよね?」
佐藤「はい!そうです。東京支部と関西支部があって、私は東京支部の代表って形です。 女子大生の団体というのもあってイメージは『ゆめかわ』です。」
金井「ゆめかわ!?どういう意味ですか?」 佐藤「『ゆめかわいい(夢+カワイイ)』という言葉を短くした造語で、女の子らしいパス テルカラー(淡いピンクやラベンダー色)を使った原宿っぽい?みたいな感じです!」 金井「まさにまぁめろちゃん(佐藤代表)がピッタリじゃないですか!(笑)」

 

魅力的な女子大生!輝く女子大生を増やしたい!

金井「MirAct さんはどういったことを目指しているのでしょうか?」
佐藤「MirAct には『女子大生を輝かせたい!』という夢があり、そのために様々な形で女 子大生に、将来を考え行動する機会を提供しています。そこからイベントや情報発信をして私たちの開発した商品、サービスに触れてもらうことがきっかけになればいいなと思っ ています。」
金井「いいですね!輝いている女子大生というと、どういった女子大生なのか、自分たち の思い描いている女子大生像はありますか?」
佐藤「輝いている女子大生の定義ですよね?言葉にするのは難しいのですが、やっぱり楽しそうな表情かなって思います。色んな学生にも会ってきて、何か頑張っている女子大生 は、雰囲気やオーラも違うなって感じるんです。そういう魅力的な女子大生が増えたらい いなって思いますし、そのきっかけが MirAct であれば、より嬉しいです。」

 

辛いことはすぐに忘れちゃう代表!!

金井「団体を立ち上げてどのくらいになるのですか?」
佐藤「一昨年の 10 月に立ち上げたので、まだ 1 年ちょっとの新しい団体です。」
金井「ようやく土台ができてこれからっていう楽しみな時期ですね!MirAct を立ち上げる にあたって、どういった経緯があったのでしょうか?」
佐藤「以前は別の団体に入っていて、全国に支部を持つ大きな団体だったのですが、仕事 量も多さや、温度差など大きい団体だからこその悩みを抱えていました。そんなある日、大変な事が起きて、、」
金井「大変なことですか?」
佐藤「はい。突然、先輩たちが全員辞めてしまって、それがきっかけで組織崩壊が起きてしまいました。結局、団体の残ったのは私1人で、必然的に私が代表をやることになって しまったんです。」
金井「1 人ですか。それでも、まぁめろちゃんは辞めなかったんですか?」
佐藤「はい。辞めずに必死に仲間を集めました。」
金井「すごいですね!」
佐藤「それで 10 人くらいの支部にはなり、全国の支部の代表のなかでも幹部をやるまでに はなれたのですが、今度は目指す方向性、取り組み方から支部間での揉め事が起きてしまい、こんな状況であれば、もともと自分がやりたかったことを実現しようと思い、MirAct の設立に踏み出しました。」
金井「様々な経験があったのですね。辛かった経験は多かったですか?」
佐藤「メンバーから裏切られるような思いをするのは、一番辛かったのですが、基本的に辛いことはすぐに忘れちゃうんです(笑)」
金井「ポジティブの塊のような代表ですね。まぁめろちゃんがメンバーから慕われている 理由がわかった気がします。」

 

企業とのコラボで様々な経験を積める環境

金井「MirAct ではどういったことに取り組まれているのでしょうか?」
佐藤「様々な企業様とコラボして活動させて頂いています。アプリの企画やブランドも立ち上げています。JリーグのFC東京様とはコラボ企画で、女子大生にサッカーを見る機会を!ということで試合観戦に招待して頂き、フェイスペイント等のイベントの開催などもしています。abematv にもひとつ番組を持たせて頂いて、その番組の企画から行っており ます。他にも DMM.com 様や DHC 様ともコラボさせて頂いてます。」

提携企業一覧
  • (株)DMM.com
  • (株)DHC
  • (株)ティアフル
  • (株)マイナビ
  • (株)アイタンクジャパン
  • (株)いえらぶ
  • (株)タクスタ
  • (株)Arinos アイディッシュ
  • (株) FC 東京

金井「こんなにも多くの企業様とコラボされているのですか!」
佐藤「はい、お陰様で多くの企業様とコラボさせて頂き、活動の幅も広がってきました。」
金井「こんなに多くのことに取り組める団体ってなかなかないですよね。様々な経験を積 むことのできるすごく貴重な団体だなと感じます。」
金井「活動内容を見ると、企画でのコラボが多いなと思ったのですが、企画へのこだわりは何かあるのでしょうか?」
佐藤「はい、小学校一年生の時に当事好きだったアパレルショップで私が考えた商品の案が採用され商品化された時から企画に興味を持つようになりました。」
金井「小学校1年生!?すごいですね。ちなみに僕は小学生の時には木に登っていました(笑)」
佐藤「ありがとうございます(笑)ちなみに高校時代は JOL というマイナビのティーン 事業部門で積極的に活動してきました。」
金井「具体的にどのような企画にかかわってきましたか?」
佐藤「いろいろな企画にかかわってきましたが、特に印象に残ったのが、Lotte様から発売されているガーナというチョコレートのキャンペーン企画として長澤まさみさんと一緒に 朝のニュースに出演したことです。他にも、モンチッチというキャラクターの新商品のデ ザインから素材選び、ネーミングまで担当しました。」
金井「なるほど、今までの濃密な経験の上に今のまぁめろさんがいるんですね。他にはどのような経験をしてきましたか?」
佐藤「はい!小学校高学年の時には雑誌の編集局に通って、小学生なりに記事に対して意見をしていました。その時は雑誌の編集者になろうと思っていたのですが、昼夜逆転の生活だということを聞いて自分には向いていないと思い諦めました。また、高校時代はモデ ルになるために芸能活動をしていたりしました。今の幅広い人脈もこれまでの様々な経験を通して得ることができたと思っています。

 

MirAct に興味を持ったあなたへ!

金井「この記事を読んで MirAct に興味を持った人も多いと思いますが、新メンバーは募集していますか」
佐藤「はい、現在募集中です」
金井「MirAct に入るうえでの条件などはありますか?」
佐藤「twitter での情報発信がメインなのでフォロワー数1000人以上ということを絶対ではないですが一つの条件としています。」
金井「1000人ですか!具体的にどのような女子大生に入ってほしいですか?」
佐藤「まず、私が学生団体に入ろうと思ったのは、思い描いていた大学生活と実際の大学 生活にギャップがあって、あれっ?て思ったのがきっかけです。」
金井「どんなギャップですか?」
佐藤「大学生になってサークルにも入ったのですが、生産的なことが何もできないと思い 一気に冷めてしまいました。それと、性格が合う子が周りに少なかったです。今思うとみんな夢中になれることがなかったからだと思います。大学生って最初のサークルとか友達 作りで自分に合った場所が見つけられないと自分の居場所が作れないと思うんですよね。 だから、大学生活を退屈に感じていて熱中する場所がほしいと思っている女子大生に、ぜひMirAct に入ってもらいたいです。」
金井「それすごいわかります!僕も大学生にはなにかに夢中になれる場所が必要だと思います。それとMirAct の活動頻度について教えてください。」
佐藤「今は14人のメンバーがいてお互いが刺激しあってプロジェクトを進めています。 全体のミーティングは週に1回開いていて、あとは各自がリモートでプロジェクトを進め ます。基本的に自分がやりたいことをできるようにしています。」
金井「主体的に動ける学生に向いてそうですね!MirAct に入るとどのような点で成長でき ますか?」
佐藤「はい、私が意識しているのは社会人先取りです。そのために普段学生が体験するこ とができないようなことをたくさん企画しています。また、合宿では、社会人としてのマ ナーや企画書の書き方などの就活対策も行っています。そして、私一人がすべてのプロジ ェクトをこなすのではなくメンバー一人ひとりに裁量権を与えるので成長できる環境が整っていると思います。」
金井「なるほど!成長できる環境づくりも意識しているんですね。MirAct に興味がある女 子大生に一言お願いします。」
佐藤「何かやりたくて一歩踏み出したい人は是非来てください!!学年、大学を問わず募集しているので興味がある方はミーティングに参加してみてください。連絡待ってます!」
金井「MirAct のまぁめろさんは人望が厚く、とても面倒見がいいのでメンバーになったら のびのび活躍できそうですね!」

 

将来の目標

金井「最後に将来の展望について教えてください。」
佐藤「はい。私は現在4年生なので今年から社会人として商品開発や企画などをしていく 部署で働くつもりです働くことになります。ただ、MirAct の活動にはこれからも関わっていくつもりです。今の目標は MirAct をホールディングス化することと、メンバーの育成で す。そして、女子大生がもっと輝いていけるような環境を作っていきたいと思うので MirAct を知ってもらえる機会を増やすために頑張っていきたいです!」

 

基本情報

  • 団体名:  MirAct
  • 代表:  まぁめろ(佐藤優江) Twitter
  • メンバー:14名
  • 理念:未来(Mirai)に向かって学生のうちから行動(Act)する
  • 活動内容:  アパレル商品開発、番組制作、記事制作、イベント etc….
  • Miractホームページ
  • Twitter
  • Facebook

【学生団体 MirAct イベント情報】

① 2 月 5 日(日)15:00-20:00 開催!

就活女子会 vol.2
(18.19 卒の女子大生限定 30 名)
イベントページ

② 2 月 23 日(木)13:00-16:30 開催!

Sweet(就活)女子会
(18 卒の女子大生限定 25 名)
イベントページ

※各回、参加可能な人数が限られておりますので、お早めのご予約をお勧めします!

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間