このエントリーをはてなブックマークに追加

コンピューターの革新が続く現代社会。
その中で様々な仕事が10年後には消えていると言われているのはご存知でしょうか?
これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。
なんと半分近い職種がなくなるということもオックスフォード大学が認めています。

そこで特に確率の高かった職業をご紹介します!
m030320

1.銀行の融資担当者

一時期、ほとんどのメガバンクや大手都市銀行が、この「スコアリングシステム」を導入していました。しかし、この「スコアリングシステム」には、大きな欠陥があったため、リーマンショックとともに使われなくなってしまいました。

この弊害として、金融機関の融資担当者・渉外担当者の企業に対する「目利き力」が大幅に低下してしまいました。昔に比べて、金融機関の担当者レベルは低いまま。だから、金融機関は積極的に融資をしたくてもできないのです。

2.スポーツの審判

スポーツの試合をルール(競技規則)に則って厳密かつ円滑に進行・成立させる役割を担い、判定を下す人物。
ただこれより機械の方が正確性に長けているということはなんとなくわかりますね、、、。

3.不動産ブローカー

不動産仲介業の業務でもある、電話営業員、経理担当者、データ入力者などは、人工知能化してしまうということですね。

さらに、他業者ではありますが、不動産仲介業に関わる仕事である、
税務申告作成者(税理士)、保険契約の審査員、ローン審査員、銀行窓口係、保険営業員
などは、みんな失業してしまうのか…。

4.レストランの案内係

レストランの案内という人間的な仕事も、既に一部は自動化されています。
テーブルのタッチパネルや自動予約システムが代表的ですよね。

今後はより進化し、細やかな注文やクレームに対応できるようになるみたいです。

5.保険の審査担当者

保険会社で顧客が保険に入れるかどうかを審査する業務を担当しています。
生命保険会社に多い仕事で、損害保険会社の場合は保険に入るための審査が
生命保険会社に対して少ないことから契約保全担当者の人数は多くありません。
一方で損害保険会社には、個々の事故などでの支払い額を決める、支払査定の業務があります。

銀行の融資担当者と少し似ていますね!
m030856

6.動物のブリーダー

ブリーダーとは、犬を中心とするペットの交配や出産、繁殖を手掛け、流通させる仕事です。

ペットショップでかわいい姿を見せてくれる血統書付きの子犬たちは、一般的に、ブリーダーの手によって誕生しています。

ブリーダーは犬に関する深い知識を持ち、生まれてくる子犬の遺伝的な疾患を防ぐために最適な交配相手を選んだり、親犬の出産や飼育中のサポートを行ったりしながら、優秀で元気なペットを世に送り出していきます。

日本ではあまり馴染みのない仕事かもしれませんが、海外ではブリーダーから直接犬を譲り受ける人も多く、人々に親しまれている職業です。

7.電話オペレーター

今でさえ、コールセンター運営企業は人員削減に必死です。
少しでも消費者からの電話問い合わせを減らすため、ログインするシステムの構築やメールでの問い合わせの依頼、問い合わせの有料化などを行っているのです。
ここに人工知能が加わります。

となると消えていくのは時間の問題です、、、。

8.給与・福利厚生担当者

給与計算・支給実務社会保険手続、福利厚生実務、入退社手続・異動対応手続などを主に行う人。
しかしここも機械の方が効率的かつコスト削減なのだとか!!!

9.レジ係

RFIDタグが商品に、どんどん組み込まれてくるからなんですね。
RFID(Radio Frequency Identification)タグとは無線ICチップを埋め込んだ商品タグのことです。

専用の読み取り機により、複数の商品を一括で商品の色・サイズ・価格などの情報を読みとることができます。
今までは、商品一つ一つに付けたバーコードタグに読み取り機をかざすことで商品情報の読み取りを行っています。
それが、RFIDタグなら、一つ一つの商品タグに読み取り機をかざさなくてもオーケー。
その場にある商品の情報を一括して読み取ることができちゃうんですね。

10.娯楽施設の案内係・チケットのもぎり係

スポーツ観戦、音楽鑑賞、映画鑑賞などチケットがあると思いますが、それらはほとんど必ず入口で半券を千切りますよね。
その半券を千切る人、あるいはその作業を「もぎり」と呼びます。
チケットを千切る作業をする仕事です。
これも人間だからできる仕事というわけでは、ないですよね!

まとめ

いかがでしたか?
機械の力に驚きを隠せない方もいらっしゃったのではないでしょうか?
他にも様々な職種が消える可能性があります。
ですが消えるものもあれば新しく出てくるものもあることをお忘れなきを。
それでは次回の記事で!バイビー!

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間