このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは本当のスキンケアを知っていますか?モテる男はスキンケアまで手を抜きません。
肌がきれいなことは女子モテにも繋がります。
今回は肌を綺麗にしたい学生のためにスキンケアアップ法をご紹介します!

male-cosmetics
出典:http://b-steady.com/how-to-use-bulk-homme-2286

個人差が出やすい

今はどんなスキンケアをされていますか?
あれこれ試したりしてしまっているのではないでしょうか?もしくは何もしていないなんていう人もいるのでは?

男性の肌は女性と違って、毎日髭剃りをしていたり、皮脂が女性の数倍分泌されているのに
水分は女性の半分以下しか分泌されていなかったりと、かなりのスキンケアが必要だったりするんです!
肌がべたつくことによって毛穴が目立ちニキビができやすかったり、髭剃りによって肌を傷つけています。

したがって、男性陣は徹底的にスキンケアが必要なのです。

洗顔

%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a2
出典:http://allhotelsinthailand.com/30%E4%BB%A3%E7%94%B7%E6%80%A7%E6%B4%97%E9%A1%94%E6%96%99/
洗顔は簡単なように見えますが、注意点が多いということを知ってください。
これから洗顔方法についてご紹介いたします。

やってはいけない洗顔方法

ゴシゴシこすって行う洗顔は絶対にNGです。
髭剃りからダメージを受けた男の肌はデリケート!
洗顔は泡立てたふわふわのものを使ってください。キメの細かいものがなおおすすめです。
特に鼻は毛穴のまだ血やすさもあるのでじっくり洗いましょう!
おでこも男子陣は皮脂が分泌されやすいのでこまめに洗いましょう。

洗う際は泡を肌に触れさせ転がすようにしてみましょう。

ぬるま湯

表面の汚れを落とした後は、泡を洗い流していきます。
そして重要なのがぬるま湯というところです。
熱すぎると逆に肌に悪いので、注意しましょう!

そして次にこれでもかというくらいすすいでください!泡が落ち切ってもです。
表面はきれいでも、肌の奥はボロボロなんて人はざらにいます。
シワができやすくなり老けて見えてしまうのは表面だけしか汚れが落ちていないのが原因。
60回以上すすぐことで毛穴の奥の汚れまできれいに洗い流してくれます。す
すぐときもバシャバシャ勢いよくするのではなく、優しくお湯を当てるように。めんどくさくても、これが美肌への第一歩です!

保湿

%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%80%80%e4%bf%9d%e6%b9%bf
出典:http://mens-skincare-univ.com/article/012226/
美しい肌の条件に「うるおい」は欠かせません。
洗顔や入浴後は肌が乾燥しやすいため、肌が敏感な赤ら顔体質の場合は素早い保湿をするのが肝心です。

それでは保湿のやり方を見ていきましょう。

化粧水はたっぷりと

化粧水も洗顔同様、手で強くつけてはいけません。
コットンにたっぷりと化粧水を染み込ませ顔の外側から中心に向かって動かしてください。

化粧水ですが、化粧水の9割は水で出来ているため、基本的に自分の肌に合うものならなんでもOK!
化粧水をつけたあとは指先で触れるか触れないかくらいの強さで顔をリフトアップしましょう。保湿効果が更に高まります。

乳液

%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%80%80%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88
出典:https://goo.gl/Wro61o
最後に乳液やクリームを用いて油分で肌にフタをします。
クリームと乳液を併用する場合もありますが、先に使うのはクリームよりも油分が少ない乳液です。

一番やってはいけないことが、化粧水をつけた後に蓋をしないことです。
それが原因でガサガサ肌やニキビトラブルにつながります。
なので洗顔・保湿・乳液の3つのステップを大切にしてください!

まとめ

いかがでしたか?
人は見た目で第一印象が決まると言われています。
髪型や服装はもちろんですが、肌のケアもしっかりしていないと、
好感度は下がってしまうかもしれません。
日頃の生活を少し変えるだけで、劇的に変えられます。
ぜひ試して見てはいかがでしょうか?
それでは次回の記事で!バイビーーー!

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間