このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての一人暮らし。お金や部屋探しや引っ越しの手続きなどわからないことばかりですよね。

そんな方達に向けて、役立つ情報をたくさん届けたいと思います!

img_20140608-085357
出典:http://kyoto-154.com/hikkosi

 

1.お部屋探しのタイミング

新入生の皆様にはなかなか難しいお部屋探しのタイミング。

4月はご存知の通り新生活の幕開けの月なので2月後半から4月の前半にかけては

やはり混雑してしまいます。

しかし、引っ越す方が多くなるという事は、その分空きのお部屋が増えるという事でもあります。

基本的にお部屋探しは早い者勝ちという構図は変わりがありませんので、

なるべくお早めに物件を探し始める事が大切です。

img_01
出典:http://www.chintai.net/news/2014/01/28/357/

 

2.内見のポイント

内見というのは[入居前のお部屋をあらかじめ見る]ことを言います。

ここでは内見の際に見るポイントを抑えていきましょう。

 

2-1.日当たり

日当たりは周辺の情報がないと分かりません。

図面ではお部屋の間取りしか掲載されていないので、周辺の情報は分かりません。

内見の際に窓の前にビルはないか、バルコニーの前に高い建物はないかを確認しましょう。

hiatari
出典:http://mizuochi-jyuuken.jp/2088

 

2-2.水回り

トイレ、風呂、そしてキッチンには、自然に視線が向くのではないでしょうか。

内見時にきれいだと気持ちが良いものです。

洗濯機置場、洗面脱衣場、そして洗面台もよく見ておきましょう。

kitchen
出典:http://www.mk-smilehouse.com/works/water-reform/

 

2-3.セキュリティ

女性の方が最も気になるところがセキュリティです。

最近では女性に安心なオートロックやさらに安心なモニター付きオートロックが主流です。

セキュリティ面では鍵のみ、オートロック、

モニター付きオートロックの順でセキュリティ度が上がっていくと考えて頂いて大丈夫です。

i-catch3
出典:http://slapvid.com/keibi.php

以上3点を踏まえて、内見の際は注目してみて下さい。

 

3.家具家電付きの物件について

敷金、礼金が不要な物件が多いので、初期費用を抑えやすくなっています。身一つで入居が可能ですので、

入居時も退去時も非常に楽で、さらに引越し費用も抑えられます。

非常にお勧めなのですが、デメリットとしては、インテリアを選ぶ余地がないため気に入らないものがあっても備え付けのもので我慢しなければならないことや、

他人が使用したものを使わなければならないことが多いことが挙げられます。

さらに、入会金が発生する場合もあるので入居前にしっかりと確認することが重要です。
Home appliances. Tv, refrigerator, microwave, laptop and washing maching. 3d

出典:http://rankroo.jp/special.php?archive_id=7

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今後も初めて一人暮らしする人のために有益な情報たくさん流していきますので、その人たち必見です!

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間