このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は僕自身の受験や、塾講師の経験をもとに、

英語の勉強で役に立つやり方や参考書を僕なりの観点から紹介します!

中学生高校生の方、またそのような知り合いのいる方は必見です!!
 

1.単語を覚えよ!

これは避けて通れないと思います。

覚えなくても英語は大丈夫とかいう人は信じてはいけません。笑

覚えるための方法としては、友達と競争したり、先生に期限を決めてもらうのが確実です。

自分の甘い心を排除してくれる人は貴重ですよ!

これができてしまえば他の言語もマスターできます。

語学の根幹ですね!

単語帳参考

    • 大学受験生必携!「システム英単語」

9784796110914
累計発行部数が英単語帳内で最多のシス単です!

「ミニマル・フレーズ」という英単語の固まりを一気に覚えるという合理性もあり、

大学受験性に人気です!

    • ボリュームに打ち勝て!「データベースシリーズ」

9784342013010
単語・熟語の収容語数が多く、コストパフォーマンスに優れています!

量は多いですが、これをやりきることができたら相当の自信になること間違いありません。

    • さらにステップアップしたいあなたに「DUO3.0」

90079005 (1)
大学受験生以外でも、TOEICや英会話という目的を持った方にもおすすめです。

最難関大向けの単語も入っているので、ハードル高め、実力確実の一冊です!

出典: http://benkyou01.com/eitango-tangochou-142

 

2.文法を理解せよ!

世の中の大半の中高生がその重要性に気づかず、直前になって後悔するポイントが文法です。

文法で大切なのは覚えるのではなく理解すること!

でないと文章を読んでいても役立っていないはずです…

逆にみんなサボりがちな文法をマスターすれば周りより一歩抜け出せますよ!

文法参考書

    • 英語総合Forest

51bdL80sgTL._SX352_BO1,204,203,200_
完全に解説型の参考書で、これ1冊全て理解して暗記してしまえば、

殆どの入試問題で困ることはありません。

学校の定期テスト対策から難関大入試まで幅広くカバーできちゃう素晴らしい参考書です。

    • Next Stage英文法・語法問題

51MkO4jYx6L._SX355_BO1,204,203,200_
この参考書は読んで覚えるよりも、

「ドンドン問題を解いて覚えていきたい」人向けの参考書です。

文法問題だけでなく「発音・アクセント」や「イディオム」、「語法」なども収録されていて、

入試に向けて総合的に勉強していくことができます。

    • 英文法・語法ランダム演習 セレクト600

ダウンロード
比較的最近登場した英文法参考書です。

掲載問題数が多く、

本番の入試を想定した実践形式の問題に慣れていきたい人におすすめの参考書です。

出典: http://kisekinobenkyouhou.com/wp/eibunpousankousho/

 

3.文を解釈せよ!

長文に強烈な苦手意識を持っている人は、

一言で言ってしまえば単語文法が甘いだけです。

その苦手意識がなくなってきたら、日本語の説明書や小説を読むように

「次はどんな内容が書かれているんだろう?」「この文ってつまりどんな意味?」

と内容第一に考えていく練習をしてみましょう。

だんだんと意味だけなら意外とわかるものだと思えるはずです。

長文参考書

    • やっておきたい英語長文シリーズ

519T0DAZP3L._SX352_BO1,204,203,200_
おそらく最も有名な長文問題集だと思います!

とにかくたくさん英文を読みたいという人向け。

300、500、700、1000語の4種類があり、

志望校の長文量に合わせて選ぶといいでしょう。

    • 英語長文レベル別問題集

51rscBLc4hL._SX352_BO1,204,203,200_
レベルに合わせて種類も豊富で、なおかつCDもついています!

そこまで厚くないので、

1冊を終えるのが結構速く達成感が得られるというのがいいところです。

    • 速読のプラチカ―英語長文改訂版

51WYK8MKHEL._SX347_BO1,204,203,200_
「著者が何を言おうとしているのか」というのがまとまっていて、

パラリーで読解する人には最適の問題練習になると思います!

推測力upやテーマを見つけるコツが載っているので、

単語力のある人にはオススメです!

出典: http://gmarch0.com/archives/97

 

まとめ

いかがでしたか?

もう一度流れを確認します。

1.単語を覚えよ!

2.文法を理解せよ!

3.文を解釈せよ!

以上の三点を意識してやるだけで、誰でも英語ができるようになります。

参考書に関しては、自分の目指すレベルにあったものを使うのが一番です。

この記事を、そのためのヒントの一つにしていただければ幸いです!

それではまた!

Thank you for reading!

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間