このエントリーをはてなブックマークに追加

secret
出典:https://goo.gl/oW8Mfh

みなさん。
春です。
春といえば何をイメージしますか?

 

「新しい出会いの時期」と言われていますよね。

 

でもこれだけじゃないはず!
忘れちゃいけない嫌なアイツの時期でもあります!

 

そう

 

「花粉症の時期」

 

そこで今回は「新しい出会いの時期」と「花粉症の時期」が重複していることに注目して
「彼女の作り方」を考えていきたいと思います。

 

そもそも「花粉症」ってなんでしょうか

 

花粉症(かふんしょう、英: hay fever、pollen allergy、pollen disease、医: pollinosis または pollenosis)とはI型アレルギー(いちがたアレルギー)に分類される疾患の一つ。植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。枯草熱(こそうねつ)とも言われる[1]。日本においては北海道の大半を除いてスギ花粉が抗原となる場合が多い[2](スギ花粉による花粉症についてはスギ花粉症参照)。
公害とみなす動きもある(詳細は花粉症の原因の節を参照)。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87

 

なるほど。

「公害」とも捉えられるんですね。

「公害」って怖くないですか?

男の中の男である私でさえ怖いと感じるのですから

可憐な女性におかれましてはむっちゃ怖いですよね

要するに

「ピンチ」ってことよね。

 

ってことは。。。
あれれ〜僕分かっちゃったかもしれないぞ〜

 

konan
http://charaletter.com/highchara/conan/

 

これ「吊り橋理論」を適用出来るんじゃない?

吊り橋理論(つりばしりろん)は、カナダの心理学者、ダットンとアロンによって1974年に発表された「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証されたとする学説。「恋の吊り橋理論」とも呼ばれる。
生理・認知説は人は生理的に興奮している事で、自分が恋愛しているという事を認識するというもの。実験のみで厳密に立証されているわけではないがおおむね正しいとされている[要出典]。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8A%E3%82%8A%E6%A9%8B%E7%90%86%E8%AB%96

 

 

「花粉症」のせいで鼻水やら涙やらで「ピンチ」な状態の女の子を発見次第片っ端から連絡先の交換を申し出れば。。。

 

でも話しかけ方がわからない?

 

安心したまへ

鼻水が垂れ下がり涙が止まらない状態の女子への鉄板アイテムがある。

 

そう
「ティッシュ」

 

この状態の女子が欲するのは高身長でも高学歴でも高収入な男子でもない
「ティッシュ」

このぐんぐんにハードルが下がっている状態の女子にこそ勝機がある。

 

 

だって「ティッシュ」さえあれば良いんだもの。

 

だが抜かるなよ非モテ男性諸君
「ティッシュ」と言えども千差万別である。

 

たかが「ティッシュ」されど「ティッシュ」である。

 

ここで重要なのは
誰が「ティッシュ」を渡してくれるか

 

ではなく

どんな「ティッシュ」を渡してくれるか

 

だけであって
それ故に渡す「ティッシュ」の種類で全てが決まると言っても過言でない

 

巷でいうデートでのお店選びや服選びとほぼ同じなのである。

 

じゃあどれを選んだら良いのかって?

 

そんな紳士諸君の為に「ティッシュ」について別の記事にしてみた。
是非参考にしていただけたら幸いである。

 

この方法を使えばすぐに彼女が出来ること間違いなし!

 

 

※但し効果に関しては個人差があります。
※この方法を試して目を瞑りたくなるような凄惨かつ悲惨な結果になろうとも当団体並びに筆者は一切の責任を負いかねます。

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間