このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の記事は、ネクタイの選び方です。

ネクタイ一つで相手に与える印象は大きく変化してきます。

男性が知っておくことはもちろんですが、女性も知っておくとプレゼントの時などに役立ちます。

チェックチェックです!

 

色が与える印象

ネクタイ3
出典:http://www.novianovio.com/fs/novianovio/c/brandnecktie

青色

与える印象:「誠実さ」,「冷静」,「知的」

目上の人や緊張する場面にオススメです。

緊張がピークに達してしまったら、自分のネクタイを見て落ち着けますね。

 

赤色

与える印象:「前向き」,「情熱的」,「興奮」

仕事帰りに合コンなどがあればオススメです。

合コン前に自分のネクタイを見て、情熱的になれば合コンなんてへっちゃらですね。

 

ピンク

与える印象:「優しさ」,「女性的」,「親しみ」

こちらも合コンの時にオススメです。

優しさがあり、親しみを持ってもらえるので勝ちですね。

 

緑色

与える印象:「安心感」,「協調性」,「論理的」

集まって何かをする時にオススメです。

協調性が出るので、人が集まる時にいいですね。

自己中な人も緑色にしましょう。

 

紫色

与える印象:「上品」,「洗練」,「大人」

バーに飲みに行く時にオススメです。

バーに行くだけで、ただでさえ大人な感じがあるのに、ネクタイでさらに大人な感じが出ます。

黄色

与える印象:「活発」,「若さ」,「積極性」

落ち込んだ時にオススメです。

振られたりで、落ち込んでいる時に黄色のネクタイを付けていれば、顔が死んでいてもネクタイで生きてる感を出せると思います。

 

素材が与える印象

ネクタイ2
出典:http://designwork-s.com/article/45579664.html

シルク(絹

もっとも使われている素材です。

光沢感があり、キリッとした印象を与えることが出来る。

季節を問わずあらゆるビジネスシーンで使用可能。

 

ウール(純毛)

セーターに使われるだけあり、暖かいイメージと素材感を持っている。

冬場にウール素材を使うと、さりげなく季節感を醸し出してくれる。

 

リネン(麻)

多触りや見た目が涼しげで、夏場にぴったりな素材です。

暑苦しい夏にはシルクよりも首回りが涼しく過ごすことが出来ます。

 

柄が与える印象

gara
出典:http://www.azabutailor.com/blogs/pr/2012/08/16/%E4%BD%9C%E3%80%91super-dot-tie/

レジメンタル柄

左上から右下に斜めのストライプ柄が向かう柄の事です。

The王道です。

 

小紋柄・クレスト

上品なイメージを与えます。

誰からも好印象をいただける代物です。

さりげない個性をアピールできます。

 

ドット柄

ドット柄が小さいものは上品な、大きなものはポップなイメージを与えます。

The定番です。

 

チェック柄

カジュアルで親しみやすいイメージを与えます。

おしゃれに仕事をしたい時なんかにオススメです。

 

ペイズリー柄

個性的な柄で着こなしのテクニックが必要になります。

上級者向けのネクタイですね。

 

無地

飾り気が無く控えめなイメージを与えます。

オールマイティーに使えます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ネクタイ一つにもたくさんの種類がありましたね。

これらを参考に自分にあったネクタイを買っていただけると幸いです。

次回の記事でお会いしましょう。

DON’T MISS IT!

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間