このエントリーをはてなブックマークに追加

大学が始まってだいたい一週間が経ち、そろそろ履修を考えている時ではないでしょうか?

今回は大学生向けの勉強方法ということで、単位の回収方法について理論的に説明していきます!

半年後(大学によっては違うかもしれないですけど笑)、みなさんがフル単を取って笑顔で夏休みを迎えるための鉄則を、現役東大生である僕が紹介しちゃいます!

 

楽単を狙う

これはもう常識みたいなものですね!

先輩を頼って、テストがない、レポートの文字数が短い、出席を取らない、というような極上の単位をハイエナのように貪りにいきましょう。

楽単をいかにとれるかで楽しさはかなり変わります。

502518d46e031f01e8dfbf5594fece61
出典:https://www.appannie.com/jp/apps/ios/app/514582999/

 

自分が興味のある講義を取る

この方法を取るのが大学生としての正攻法だと思います。

やりたい勉強を突き詰める、好きな学問を研究するのは楽しいですし、モチベーションになります。

本当の意味でこれを実現している人は、単位のことなど気にしていないのではないでしょうか。

6570886
出典:https://pixta.jp/illustration/6570886

 

教授と仲良くなる

よく言えばコミュニケーション能力の活用、悪く言えば媚を売るということです。

これを卑下する人が意外と多いように思いますが、社会ではこれが出来るかどうかがかなり重要かもしれませんよ。

まぁ僕はこのやり方で単位を取る人が大嫌いですが!笑

wysiwyg_c6e46c195b6864e01ff6
出典:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/47638

 

友達と同じ授業をとる

やっぱり友達と一緒に取った方が楽しく、協力しながら授業を受けられます!

もし休んでしまったとしても友達に頼ればなんとかなりますし^^

やっぱり友達は多いに越したことはないですね!

わかってますよそんなこと!

1
出典:http://recommend27.wp.xdomain.jp/net-movie-study-101

 

勉強をする

はい、これです。

これが答えです。

大学生たるもの、学問に励みなさい。

以上!

 

これらよりも実際大切なのは…

確かに勉強したり、他の方法で単位取得を狙うのは間違ったことではないです。

ただそのために大切なことを忘れている人が多いように思います。

その忘れている事とは、なぜその講義を取るのかという理由が曖昧なことです。

例えば、その講義が好きだと思って受けていたのにもかかわらず、友達もその講義を取っているからという理由で出席しなくなって、試験前だけノートを借りたりすることってありませんか?

その人は講義を取る理由が曖昧なんです。

そのようなことをしていると学校が面白く無くなってしまいますし、結局単位を落としかねません!!

なんでその講義をとるのか、今一度、自分の胸に手を当てて考えて見てください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介した方法を使えば、フル単なんて余裕でございます!

そして、この記事がみなさんのより良い学校生活を送るための何かヒントになれたら幸せです!

僕は他にも現役東大生が教える一瞬で数学が得意になる勉強法現役東大生が伝える3分で出来る英語の勉強法の記事も書いているのでこちらの方もぜひご覧ください。

それではまた!

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間