このエントリーをはてなブックマークに追加

客室乗務員とは、交通機関の運行(運航)中、主として客室における乗客への接客サービスに従事する乗務員のことである。

語学力と気品溢れる美しさ、女性だけでなく男性から見てもカッコ良いです。

そんな客室乗務員とはどんな仕事をしているのか徹底調査してみました。

 

客室乗員とは?

ca

出典:http://english.cheerup.jp/article/1368

客室乗務員とは、旅客機に搭乗し、乗客の搭乗から到着までさまざまな業務を行う仕事です。

日本でよく言われるCA(キャビンアテンダント)というのは和製英語であり、海外ではフライトアテンダントまたはキャビンクルーと呼ばれています。

航空会社の組織は、おもに「運行部門」「サービス部門」「整備部門」「営業部門」の4つの部門で成り立っています。

このうちサービス部門には「客室本部」があり、客室乗務員はそこに所属して働きます。

 

客室乗務員の休日は?

客室乗務員の休日はシフト制です。

土日祝日を含めたシフト勤務であるため、毎週決まった曜日の休日にはなりません。

国際線での長距離フライトを終えた後は、滞在期間に応じて帰国後に連休が入ります。

国内線勤務の場合は、4日働いて2日休むサイクルが一般的です。

原則として月に10日程度の休日となっています。

しかも客室乗務員には残業がありません。

しかし、悪天候などでフライト時間がのびてしまったりすることはよくあるそうです。

 

客室乗務員の年収は?

一昔前までは高額収入と言われていた客室乗務員ですが、航空業界の競争激化により、最近では給与は高いとはいえない状況になっています。

しかし、通勤手当、深夜勤務手当、精勤手当(ボーナス)や国際線であれば、仕事でさまざまな国に行くことができ、航空券も安く手に入ることがあり、給与以外の面で客室乗務員ならではの恩恵を受けることもできます。

CA
出典:http://careergarden.jp/cabinattendant/salary/

 

客室乗務員に向いている人は?

自己管理がしっかり出来る人・・・客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)は体力勝負の仕事です。しかし、体力があることに加えて、徹底した自己管理ができるかどうかも重要です。

豊かな人間性・・・客室乗務員の採用試験では、人柄が大変重視されます。さまざまなお客さまと接する仕事であるため、人間的な魅力があるかどうかや、一般教養が身についているかなども問われます。

チームプレイができる人・・・この仕事ではパイロットや整備士、また他の客室乗務員たちと協力し合って働く必要があるため、どんな場合でもチームプレーができる人が望まれます。もちろん、自分の経験や判断に基づいてお客さまにサービスをすることもありますが、基本的には仲間と協力して働く姿勢が大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は客室乗務員にスポットを当ててご紹介しました。

他にもプログラマーについての記事グラフィックデザイナーについての記事があるので、ぜひご覧ください。

それでは、さらば暇申す!

この記事を書いた人
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事と合わせて読みたい記事

人気記事5選

  • 日間
  • 週間
  • 月間
  • 全期間